健康な心と体を取り戻そう|心の叫びが聞こえたらうつ治療を!|知識と医療の経験をもった専門医

サイトメニュー

健康な心と体を取り戻そう

看護師

毎月の医療費と通院先選び

健康保険を使って治療できますから、うつ病の完治に向けて病院へ通いましても、一般の人なら3割負担で済みます。そして初回は初診料が掛かりますので、だいたい5,000円ほどの金額を見ておけば良いでしょう。また、うつ病では服薬治療も平行して行われますが、初回は様子見という場合が多いため、余程の重症でもなければ、初診で大量の薬が出されることは殆どありません。2回目以降は初診料が不要になりますから、診察料は多少安くなり、3割負担なら7,000円から10,000円前後が毎月の治療費になります。ただしこの金額は一般的な目安であり、薬の処方量や治療内容によって実際は変化しますので、参考程度に留めておきましょう。とりわけうつ病の薬は種類が多く、値段的にも多様性があるため、同種の薬効でも選び方次第では、金額が高くなったり安くなったりします。ジェネリック医薬品もその一例であり、これを選ぶだけで薬代を抑えられるのが特徴です。うつ病治療でも医療費を節約する手段として人気がありますから、経済的な負担を軽くしたい時は積極的に利用しましょう。しかし新薬など、ジェネリック医薬品が出ていない場合も多いので、掛かり付けの心療内科医や精神科医に確認するのがおすすめです。会話に軸足を置いた診察を希望するか、薬物療法の正確性を最優先にするかによりましても、うつ病の治療先選びの基準が異なってきます。前者の場合は話しやすさが非常に重要となるため、心を許せるなど、親しみやすい医師を選ぶことが肝心です。ですが、後者なら自分に合った薬を的確に処方してくれればそれで良い訳ですから、相性はそれほど重要ではなく、内科としての力量を基準に選びましょう。またそれとは別に、うつ病は毎週通院する場合もありますので、足を運びやすい心療内科や精神科を選ぶこともポイントです。いくら優れた病院でも、通いづらい場合は後々大変ですから、立地条件は意外に大切な選択基準となっています。一方、アルコール依存症などはうつ病を併発する場合も多いのですが、精神科にはアルコール依存症に対応する所と、対応しない所があるため注意が必要です。そのため、何らかの依存症を伴う場合は事前に病院へ確認を入れ、その治療に対応する医療施設を選ぶことが欠かせません。入院病棟を備える精神科病院では取り扱っているケースが見受けられるので、それらを中心に探すのが得策です。そして、うつ病に起因する生活上の問題も相談したい場合は、ソーシャルワーカーなどが在籍する病院を選ぶと良いでしょう。

Copyright© 2018 心の叫びが聞こえたらうつ治療を!|知識と医療の経験をもった専門医 All Rights Reserved.