症状を治す方法|心の叫びが聞こえたらうつ治療を!|知識と医療の経験をもった専門医

サイトメニュー

症状を治す方法

カウンセリング

科学的データで診断も可能

こじらせれば日常生活が困難になるほど重症化するケースもあるため、うつ病は症状が軽いうちに、病院で治療してもらいましょう。その際は症状に合わせて精神科か心療内科を受診しますが、何れの外来でも、抗うつ剤をはじめとした服薬治療が行われます。抗うつ剤は楽しい気分を取り戻すなど、抑うつ症状を改善してくれる薬です。しかし、症状が軽ければ薬は処方せず、医師との会話だけで治療することも少なくありません。例えば、人間関係がストレスになっているならその改善方法や、適応能力を高めるアドバイスなどが行われます。一方、薬物治療と並行して認知行動療法を行う病院もあり、この治療は偏った考え方を直し、主観的要因で発生するストレスの根源を断つのが目的です。うつ病になる人は根拠のない自己ルールや、偏見的な先入観に縛られてしまい、背負い込まなくても良い重圧やストレスを抱え込む傾向があります。認知行動療法では、問題に直面した際の状況と、本人の考えや感情などをメモに書き、医師と共に検討していくのです。これを反復することで本人の思考プロセスが浮き彫りになるため、そこから問題箇所を見い出し、ストレスを呼び込まずに済む思考パターンへと医師が修正してくれます。精神的な問題だけと誤解されがちですが、うつ病は脳内物質やホルモンバランスが崩れて発病する場合も多いため、病院で治療を受けた方が早く良くなります。また、うつ病はインスタント製品をはじめ、糖分やアルコールの取り過ぎといった偏食が原因でも発症する病気です。病院へ行けばそれらの相談もできますので、必要に応じて食生活のアドバイスも受けておくと良いでしょう。一方、精神疾患は精神科、身体疾患は心療内科という具合に、症状によって通院先を分ける必要もあるのですが、症状が軽い場合はどちらでも診てくれます。メンタルクリニックは精神科と心療内科を提供している場合が多いため、どちらが良いか分からない時に便利です。ここで気を付けておきたいのが、総合病院や大学病院などで、紹介状なしで大きな病院に行きますと、高額な選定療養費が発生します。料金は各病院で個別に設定されていますから、事前に電話で金額を確認しておくのがおすすめです。そして、これまでは問診以外での判断が難しかったうつ病も、今では光トポグラフィーという物理的な検査方法が確立されています。この検査では統合失調症や双極性障害など、うつ病と類似性が高い病気をある程度判別できるため、誤診のリスクが低くなっているのです。そこで、科学的な診断と、それに基づいた治療を希望する時は、光トポグラフィー検査が受けられる病院を調べてみましょう。

Copyright© 2018 心の叫びが聞こえたらうつ治療を!|知識と医療の経験をもった専門医 All Rights Reserved.