誤解されやすい症状|心の叫びが聞こえたらうつ治療を!|知識と医療の経験をもった専門医

サイトメニュー

誤解されやすい症状

女性

疑う前に理解する

うつ病で治療している人に対して、ただの甘えではないかと疑問に感じている人が少なからずいます。こういう疑問を抱く人はだいたいうつ病の経験や知識がない人である可能性が高いです。それによりうつの症状が出ていても見て見ぬふりしてしまったり、周囲に隠そうとしてしまったりして治療が遅れるケースが多くあります。うつ病に対して正しい理解と知識を得るのはなかなか難しいのもまた事実です。実際甘えにとらえられてしまう行動はうつ病の症状そのものなのです。体が動かず布団から出られない、倦怠感で寝てばかりいる、言葉を発するのが億劫で連絡が取れないなど、傍から見たら「めんどくさがっているだけでは」と不信感を得てしまいます。しかし、症状として肉体的にそれらの行動をとるのが困難になっているので、決して本人の意思でさぼっているわけではないのです。もともとこの病気になりやすい人というのは責任感が強く真面目な性格であることが多いとされています。今まで甘えられなかったせいで大きなダメージを受けてしまった結果なのです。それを修復するため、脳が強制的に体を休ませようと現れている症状なので、一見甘えているように見えてしまいます。鬱状態の経験がない人も、この病気の症状について理解を深めることで治療者に対する疑念を軽減できることでしょう。うつ病の疑いがあると感じた時、どのように治療へ踏み切ればいいのか不安に感じる人もいます。うつ病であることを隠したい人も多いため、病院へ訪れるのもためらわれる場合もあるでしょう。そんなときは、電話相談やチャット相談ができる団体やクリニックを調べてみるとよいでしょう。自分がうつ病で治療が必要かどうかだけでも確認することができるかもしれません。もちろん実際に医師に診断してもらうのが一番確実なのですが、まず話を聞いてもらって自分に起きている症状を把握することでいくらか安心できます。クリニックでそういった相談サービスを行なっている場合は、そのまま医師と話ができ診察までの手続きが可能なところもあります。病院へいくのに抵抗がある場合はその旨も医師に伝えると、あまり人がいない時間帯を教えてくれるなど解決策を提示してくれる場合もあります。治療に踏み切るために障害となっている悩みを、いったん誰かに聞いてもらうのがいいでしょう。診察まで持ち込めば、後はカウンセリングや神経系に異常がないかの検査、症状の確認をおこない、今後の治療方針を決めて初診は終了となるケースがほとんどです。はじめのうちはうまく説明できない部分も多いでしょうが、医師・カウンセラーが寄り添って話を聞いてくれます。重く構えず無理なく治療に専念することが大切です。

Copyright© 2018 心の叫びが聞こえたらうつ治療を!|知識と医療の経験をもった専門医 All Rights Reserved.