サイトメニュー

専門的な診断が有効です

医者

症状の理解を深める

働き方、人との関わり方、取り巻く環境が多種多様になり、社会は複雑さを日々増しています。そのような現代社会でストレスなく生きていく、生活していくのは非常に難しい状況だといえます。ストレスを感じながらも、それと上手に付き合っていくことも、現代では求められるのかもしれません。自分の意志とは関係なく、じわじわと近づいてくるのが心の病です。うつは現代病ともいえるほど、複雑で入り組んだ要素を以って人を蝕んでしまいます。心の変調を感じたのであれば、少しの勇気をもって病院で診断を受ける事ことが有効です。あらゆる解説書やなどが世に出回っていますが、その症状は一人一人違います。参考になることは多くありますが、専門的な知識と医療の経験をもった専門医のいる病院に行くことが、うつの治療の第一歩です。カウンセリングなどを通して、医師はその人の心の悩みを判断し、解決に導いてくれます。的確な判断が早期の治療にも役立ちます、治療を受けていれば、それだけで心の扉が一つ開くことにもなります。病院に行き、そこで診察してもらえば治療までスムーズに進むことが可能になります。症状に合った治療薬も処方してもらえます。そして、その薬の飲み方や量なども適切に助言を貰う事が出来ます。うつの治療には、抗うつ剤を使用します。大きく分けると不安を取り除く役目のある薬と、行動する気持ちを高くしてくれる薬があります。完全に2つのうちのどちらかというわけではありませんが、症状によって医師の判断によりうつの治療に有用な処方をしてくれます。神経系に働きかけ、不足を補うという役割を担います。現在ではその症状に合わせて治療薬を選ぶことが出来ます。ただこの薬、というわけではなく選択肢が広がっています。それだけ、うつに関する解明が進んできたといえるかも知れません。原因を解明できれば、適切な対処法もさらに進むはずです。うつに効果があるのは薬だけではありません。薬が有用なのは実証されていますが、複雑に絡んだ心を少しずつ解きほぐすには、まずは充分な休養です。ストレスから自分自身を解き放ち、少しでも自由な心を持てるように休んでから治療に向き合うとことも大切です。少しでもリセットして、そこから治療に入ることが大切です。場合によっては、入院をして自分を取り巻くストレスから離れてみる事も有用な方法です。今まで非常に忙しく、そして責任感が強い、なおかつ容易に休めない状況にいる場合は入院も考えてみる事が大切です。少しでも心の荷物を軽くするところから始めるのも良い効果を生み出してくれます。

カウンセリング

症状を治す方法

服薬はうつ病治療の基本ですが、そのほかにも認知行動療法を含め、医師との会話で治していくことも一般的です。また、科学的な診断と、それに基づいた治療を希望する場合は、光トポグラフィー検査が受けられる病院を探すと良いでしょう。

看護師

健康な心と体を取り戻そう

初診は、3割負担の保険治療なら概ね5,000円で、以後は毎月10,000円程度がうつ病の治療費になります。そして通院先を選ぶ時は、会話を軸にした治療を望むなら相性を基準にして、薬物療法を最優先にするなら内科医としての力量を基準にしましょう。

女性

誤解されやすい症状

うつは経験や知識のない人にとっては甘えに思われがちのため、誤解をさけるためにも基礎知識を広めていく必要があります。治療になかなか踏み切れずにいる方は電話相談などを行なっているクリニックを調べてみるといいかもしれません。

男性

重症化を防ぐ

うつ病になるとたとえ軽症でも疲れたり、何かをすることが億劫になってきたりします。単なるリラックス法では解決できない段階となれば、治療が必要です。しかし、回復期に関しては、ゆっくりと成功体験を積み重ねていくことが大事になります。

Copyright© 2018 心の叫びが聞こえたらうつ治療を!|知識と医療の経験をもった専門医 All Rights Reserved.